子どもの知らなかった一面を知った。

今年の4月から一年生の息子さん。
人見知りなところがあるので、新しい環境で馴染めるか母は不安な気持ちでした。

大きなランドセルを背負いながら、いろいろ小学校のことを想像する息子さん。
自分もこんな事があったかなぁ…。
なんて遠い日を思い出してみたり。

入学式を無事にむかえ、緊張した表情で真っすぐ前を向いて座っていたのを覚えています。

翌日から登校班で登校。
一年生達は、上級生達とも打ち解け楽しそうにしていたと思ったら、
1人だけ泣きながら集合場所に来る女の子が…。
どうやら、その子も人見知りで、お兄ちゃんの後ろに隠れて泣きながらきていました。

ある授業参観の日。
同じクラスの1人のお母さんから話しかけられました。
お兄ちゃんにくっついて、泣きながら集合場所に来ていた女の子のお母さんでした。

息子さんのことらしく、え?何かしたのかな?って内心ドキッとしました。

「ありがとうこざいました。」って思いがけない言葉。
お礼を言われることしたのか?と、不思議に思っていたら内容はこうでした。

女の子のお兄ちゃんが修学旅行でいない日、1人で集合場所に行かなきゃいけなかったそうで、朝から行きたくないと愚図っていたそうです。
そんな時、家のチャイムがなった。
朝から誰だろうと思ったら、うちの息子さん。

「○○ちゃん!一緒に行こう!!」
と、迎えに来たというのです。

そういえば、1日か2日だけちょっと早く家を出て行った日があったな…。
しかし、一言もそんな事言わなかったのに。
息子さんが人助けを、私の知らぬところでしていた。
意外に紳士な一面が見れたことに驚きと、ほっこりした気持ちになりました。PRサイト:https://naitoaiama2.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です